« Vario-Sonnarの試写 | トップページ | Vario-Sonnarで桜撮り »

2007年3月27日 (火)

お供の50マクロと…

一昨日、曇天下で試し撮りした、もう1本のレンズ、MINOLTA AF50mm F2.8 Macro Newです。

Pict0124_raw2_50
MINOLTA AF50mm F2.8 Macro New SS:1/125 F2.8 ISO200 SilkyPix3.0
中古で手に入れたこのレンズ。銅鏡、レンズとも比較的きれいでした。この写真はマイフォトと同じものですが、クリックすると原寸画像が見られます。マクロですから、やっぱり等倍で見たときが気になりますよね。ところで、この花、しべはどこ…?

Pict0125raw250
MINOLTA AF50mm F2.8 Macro New SS:1/160 F3.5 SilkyPix3.0
名前はわからないのですが、雨上がりの雫をまとって、ちょっとイイ感じかな…なんて。キリッと、ぼけ~のバランスが好きです。構図が今ひとつですが。(´;ω;`) クリックで原寸画像、開きます。

Pict0126raw250
MINOLTA AF50mm F2.8 Macro New SS:1/80 F3.5 SilkyPix3.0
こちらのビオラもマイフォトと同じ写真です。原寸でどうぞ。一段絞っているとはいえ、さすがの描写だと思います。黄色が飽和しなくて良かった。(^^)

Pict0128_raw2_50
MINOLTA AF50mm F2.8 Macro New SS:1/1250 F2.8 ISO200 SilkyPix3.0
風景写真として撮ってみました。噴水の水滴を止めるため、SS優先でかなり露出補正しています。さすがに画が荒いです。ISOを上げても同じ…でしょうか?

数ショットですが、非常に満足しています。>50マクロ

Pict0134_raw2_26
SONY Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5 ZA 26mm SS:1/40 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
パッとしない写真なので、バリオ・ゾナーの作例としてではなく、状況写真とお考えください。(^^;ゞ  でも、この悪条件の中で、松の葉はしっかり描写されていますし、葉の色もすごくイイと思います。
実はこの松、公園の池に張り出しています。よくよく考えると、すごい。Google Mapの航空写真で見ても、まるで池の中に生えているようです。(赤矢印)
Shimizuike_1

バリオ・ゾナーで書き忘れていたこと。それはAFの速さです。自分が使っているレンズがミノルタ中心で、しかも古いものが多いため、余計にそう思うのかもしれませんが。モーターの回転音が違います。違うカメラかと思うぐらい。100マクロ(I型)の「ヴィーーーン」という音と比べると「フィーッ」という高い音で、倍速ぐらいに感じます。(ちょっとオーバー?)

晴天の休みにバリオ・ゾナーの「T*コーティング」が体感できるような写真が撮りたいですね。

|

« Vario-Sonnarの試写 | トップページ | Vario-Sonnarで桜撮り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vario-Sonnarの試写 | トップページ | Vario-Sonnarで桜撮り »