« SO903iTV | トップページ | STFで薔薇(在庫から) »

2007年6月27日 (水)

続・SO903iTV

昨日の続きです。今回は、50マクロで、「被写体」としても捉えてみました。

Pict0193raw50451600
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
携帯離れ(?)したSO903iですが、文字盤を見れば、携帯以外の何者でもないです。黒いボディに赤い文字が映えます。(^^)

Pict0196raw5045
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
NTT Docomoは、基本的に端末のメーカー名を入れさせません。「SO503i by SONY」という風に、付いていたこともありましたが…。今回は、キッチリ「Sony Ericson」という表示があります。これって、画期的?auだと、ロゴマークまで普通に付いているのですが…。ロゴの下の二つの穴はホルダーとの接合部分で、ここから電源を供給されます。

Pict0197raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
ちょっとピントが甘いのですが、光のラインがよかったので。「BRAVIA」は、シャープの「Aquos」に対抗(または同調)でしょうか? それとも、その方が一般受けが良いのか…  とにかく、指紋がべったり付きます。(^^;

Pict0200raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
カメラ側の写真です。レンズ部分が出っ張っています。この辺は賛否というか、好みが別れるところかもしれません。横撮りスタイルで撮影できますが、シャッターしか使えなくなるので、SO505iやSO902iに比べて使いにくいです。あと、2Mと1Mで撮影するとデジタルズームがつかえません。VGAサイズ(640×480)から下の画素数ならデジタルズームが有効になります。これは結構不便です。ま、デジタルズームって、荒くなるので、あまり使っていませんけど…。

Pict0206raw5071
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F7.1 ISO200 SilkyPix3.0
レンズ周りをアップで。ちょっと…いや、かなり暗いです。(^^;ゞ

Pict0203raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/2 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
フォトライトをつけて 、スローシャッターで撮影しました。手持ちでよく撮れたと少し感心。さすが「本体手ブレ補正機能」です。>α7D
フォトライトの光量は結構ありますが、ストロボには遠く及びません。派手なゴーストと共に。

SO902iからの環境移行が、概ねできました。まだ、いろいろやらなければいけないこと(着うたやら、i-アプリの登録やら)がありますが、いよいよ本格使用開始です。(^^)

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« SO903iTV | トップページ | STFで薔薇(在庫から) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SO903iTV | トップページ | STFで薔薇(在庫から) »