« 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 | トップページ | 碑文谷公園にて (3) »

2007年9月21日 (金)

向島百花園 (1) 彼岸花編

9月17日(月)、珍しく連休が取れたので、この日は午前中に向島百花園に行ってきました。いつもはレンズ別に記事を書いていますが、今回は被写体別にしてみました。レンズの違いなんかも少し垣間見えれば…と。

-1-
Pict0254raw1863800trim
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT-16-80mm F3.5-4.5ZA 18mm SS:1/60 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0 トリミング
入口。顔の部分なので、シャキッと明るく現像。横撮りをトリミングで縦にしています。水平(垂直)が出てない…(^◇^;

-2-
Pict0249raw5063800
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT-16-80mm F3.5-4.5ZA 50mm SS:1/500 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0
今回の向島百花園は萩をメインにしていたのですが、萩はまだ咲き始めでした。少しは咲いていたので、そちらは後日。彼岸花は所々に咲いていました。

-3-
Pict0248raw8045800
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT-16-80mm F3.5-4.5ZA 80mm SS:1/40 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
別の場所で一つだけ咲いていた赤い彼岸花。開放でもSSは1/40で苦しいところでした。蕾もフレームして…。

-4-
Pict0229raw10063800
α-7D + MINOLTA AF100mm F2.8 Macro (I型) SS:1/800 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0
今度は100マクロで。No.1と同じ被写体です。科学が変わっただけ?(^^;

-5-
Pict0230raw10063800
α-7D + MINOLTA AF100mm F2.8 Macro (I型) SS:1/400 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0
少し寄って。マクロですが、ボケ味も良いのがミノルタのレンズです。(*^^*)

-6-
Pict0231raw10063800
α-7D + MINOLTA AF100mm F2.8 Macro (I型) SS:1/640 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0
更に寄って。結構絞りました。光と影のコントラストがキツイ日でした。7Dにはちょっと苦しいので、EVを-0.3で撮っています。白飛び防止になっているか…?

-7-
Pict0232raw10063800
α-7D + MINOLTA AF100mm F2.8 Macro (I型) SS:1/1250 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0
群生していましたが、彼岸花はポツポツと咲いていた方が良い様な気がします。

-8-
Pict0234raw13545800
α-7D + SONY 135mm D2.8(T4.5) STF SS:1/2500 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
3本目のレンズはSTF。このレンズの凄いところは、「沢山の中から1つを浮かび上がらせる」のに長けていること。1つの被写体にピントを合わせると、他は脇役になります。

-9-
Pict0233raw13556800
α-7D + SONY 135mm D2.8(T4.5) STF SS:1/2500 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
そして、ゆるやかに、滲むような前ボケと後ボケ。このレンズでなければ出せない「絵」があると思います。(*^o^*) このレンズ、普段は絞り開放で使っていますが、今回は手動絞りの方で1段絞ってみました。違いは…?

続きます。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

|

« 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 | トップページ | 碑文谷公園にて (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 | トップページ | 碑文谷公園にて (3) »