« 地元のお祭り | トップページ | 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 »

2007年9月19日 (水)

碑文谷公園にて (2)

9月9日(日)の夕暮れ前。地元の碑文谷公園で撮った写真です。レンズはミノルタの絶版Gレンズ、アポテレマクロ200Gです。

-1-
Pict0042raw20045800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/160 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0
ケイトウ(鶏頭)。確かに鶏のトサカですが…脳みそにも見える…(^◇^;  結構暗かったので、ISO400で。

-2-
Pict0047raw20045800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/40 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0
かなり苦しいシャッタースピードでした。手持ちではこれが限界です。>σ(^^;

-3-
Pict0045raw20040800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/50 F4 ISO400 SilkyPix3.0
アザミの一種だと思います。とにかく小さいので、上から覗き込むように撮りました。淡い紫がイイ感じでした。(^^)

-4-
Pict0048raw20045800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/100 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0
サルスベリ。ちょっと紫っぽい感じでした。マクロというより、望遠レンズとしての写真です。点光源もバッチリ。(^^)

-5-
Pict0051raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/250 F5.6 ISO400 SilkyPix3.0
カモ君。ちょっと黄昏ている感じが、彼の「演技者」としての実力を物語ります。(^^;

-6-
Pict0017raw20045800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/50 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0
カメ君。何も考えてなさそうなところが、彼の「演技者」としての実力を物語ります。(^^;

-7-
Pict0052raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/160 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0
「黄昏の艦隊出撃」。もう日は暮れかかっていました。中学生の頃、夢中になって作っていた「ウォーターラインシリーズ」(1/700スケールの太平洋戦争軍艦プラモデル)を思い出します。親父のカメラ(多分ペンタックスのSP)で連合艦隊を作って撮りましたが、あんまりうまく撮れませんでした。モノクロフィルムを使っていました。それでも結構お金がかかりました(当時の金銭感覚ですけど…)。カメラはそれが最初だと思います。(^^;ゞ

-8-
Pict0054raw20045800trim
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4 SS:1/125 F4.5 ISO400 SilkyPix3.0 トリミング
ベンチの背もたれに留まったスズメ。ほんの数秒だったのですが、2枚連写のうちの1枚です。(もう1枚は首が動いていてダメでした)トリミングしてありますが、等倍ではありません。ちょっとシャープがキツ目にかかっています。カミさんと娘は「可愛いけど、(等倍だと)気持ち悪い」と異口同音。(^^; ウームー…

このスズメの写真は、JPG撮って出しのフルサイズでα-Photographyにアップしていますので、そちらも、よろしかったら、どうぞ。(^^)

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 地元のお祭り | トップページ | 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地元のお祭り | トップページ | 夏の終わりのTDL (8) バリオ・ゾナーで花撮り編 4 »