« 夏の終わりのTDL (1) 建物編 | トップページ | 夏の終わりのTDL (2) バリオ・ゾナーで花撮り編 1 »

2007年9月 5日 (水)

国営ひたち海浜公園 (9) レンズ画角の比較?

国営ひたち海浜公園で撮った写真。今回は、花写真ではなく、「サイレント・ギャラリー」という所で、レンズ(焦点距離)の違いによる画角の違いを比較して見ました。
あくまで、「画角」です。オブジェの写り方(大きさ)の比較だと考えてください。
描写とか味とかは考えていませんので。(^^;ゞ

写真は、同じ場所(ベンチ)から手持ちで撮影。かなりいい加減です。(^^;ゞ  素人にとって、レンズの焦点距離がフレームでどのくらい入るのかが、よくわかりません。体感的にわかるようになりたいと思っていますが…なかなか難しいですね。

-1- 200mm (35mm換算=300mm)
1pict0116raw20080800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE 200mm MACRO F4G SS:1/250 F8 ISO200 SilkyPix3.0

-2- 135mm (35mm換算=202.5mm)
2pict0119raw13545800
α-7D + SONY 135mm F2.8(T4.5) STF SS:1/1000 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0

-3- 85mm (35mm換算=127.5mm)
3pict0118raw8580800
α-7D + MINOLTA AF85mm F1.4G SS:1/300 F8 ISO200 SilkyPix3.0

-4- 80mm (35mm換算=120mm)
4pict0120raw8080800
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA 80mm SS:1/250 F8 ISO200 SilkyPix3.0

-5- 16mm(35mm換算=24mm)
5pict0121raw1680800
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA 16mm SS:1/300 F8 ISO200 SilkyPix3.0

-6- 「サイレント・ギャラリー」の正面より
0pict0112raw1680800
α-7D + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.5-4.5ZA 16mm SS:1/500 F8 ISO200 SilkyPix3.0
この「サイレント・ギャラリー」。楕円形の回廊とオブジェが1つ。壁面はコンクリートでした。静寂な空間…というほど静かではなかったのですが、手をポンと打つと反響がイイ感じに。そういう場所か!!と。

オブジェは佐藤泰正氏作の「焼土-時の流れ」というタイトルでした。

バリオ・ゾナーは50mm、35mmも撮っておけばよかっかなぁ…と。
200、135、85が35mm換算で300、200、127になるので、やっぱりこの3本は使いやすいです。

実は、次に欲しいレンズの中に魚眼というのがあります。APS-Cでは焦点距離が1.5倍になるので、広角側が不利です。バリオ・ゾナーの16mmはとても重宝していますが、10mm前後の広角も使ってみたいな…などと。ま、ソニーの中級機も欲しいし…物欲全開です。(^◇^;ゞ

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ

|

« 夏の終わりのTDL (1) 建物編 | トップページ | 夏の終わりのTDL (2) バリオ・ゾナーで花撮り編 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わりのTDL (1) 建物編 | トップページ | 夏の終わりのTDL (2) バリオ・ゾナーで花撮り編 1 »