« 牛久浄苑 (7) おまけ編 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園(4) STF編 »

2007年10月13日 (土)

国営武蔵丘陵森林公園(3) 200マクロ編1

10月7日の国営武蔵丘陵森林公園。第3回目はミノルタの200マクロF4Gで撮ったものを。

-1-
Pict0099raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/1000 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
コスモス。某有名な歌に出てくる「薄紅の秋桜」とは、こんな色なのでしょうか?ちょっと紫がかっていたりもしますが…。

-2-
Pict0100raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/800 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
遠くのコスモスを望遠レンズとして。カチッとした写りは200Gにも劣らないかと。200Gも欲しいレンズなのですが、この200マクロと焦点距離が被るので手に入れていません。

-3-
Pict0106raw20045800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/2000 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
蕾が瑞々しいです。

-4-
Pict0103raw20080800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/1250 F8 ISO200 SilkyPix3.0
白いコスモス。絞って、全体にピントが来るよう(^^)にしてみました。正面から当たった光で花びらの重なりに影ができ、ちょっとイイかな…と。(^^;ゞ

-5-
Pict0109raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/1000 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
別の個体ですが、白いコスモス。うまく背景処理ができたかな…と自画自賛。(^^;ゞ

-6-
Pict0108raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/640 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
ちょっと濃い花を。花びらの質感がイイです。背景処理はダメです。(^^;ゞ

-7-
Pict0101raw20056800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/1600 F5.6 ISO200 SilkyPix3.0
85G編1の記事で、「綺麗な個体が多くなかった」という話を書きましたが、実は花びらが「虫食い状態」のものが多かったのです。犯人はコイツ。ちょうどお食事中でした。写真は花びらにピントが来てしまいました…。(´;ω;`) クソ~
せっかく、咲き始めたコスモスの花びらが、ガンガン食い荒らされていたのでした。

-8-
Pict0102raw20080800
α-7D + MINOLTA AF APO TELE MACRO 200mm F4G SS:1/400 F8 ISO200 SilkyPix3.0
そうこうしているうちに、食事が終わったらしく、花びらの上で体を曲げていました。今度は前ピン…(´;ω;`)
自然の摂理ですし、この虫にも生きる権利があるわけですが、この後コスモス達はどうなるのか…。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

|

« 牛久浄苑 (7) おまけ編 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園(4) STF編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛久浄苑 (7) おまけ編 | トップページ | 国営武蔵丘陵森林公園(4) STF編 »