« 日帰り箱根旅行(14) 大涌谷~帰路編 | トップページ | 賀正 »

2007年12月31日 (月)

こんなに買ったの?!(大汗)

大晦日です。ブログの先達の方々も今年を振返られているので、ボクも…。

-1-
Pict780928712001200
α-SD + SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC 28mm SS:1/80 F7.1 ISO200 SilkyPix3.0 トリミング

今年のお買い物(カメラ関係)
2007/01 MINOLTA AF24-50mm F4
2007/03 SONY 135mm F2.8(T4.5) STF

2007/03 MINOLTA α-7 Digital
2007/03 MINOLTA AF50mm F2.8 Macro New
2007/03 SONY Vario-Sonnar T* DT16-80mm F3.4-4.5ZA
2007/06 MINOLTA AF APOTELE ZOOM 80-200mm F2.8
2007/08 MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G
2007/11 MINOLTA AF50mm F1.7 New

2007/11 SONY α700
2007/11 MINOLTA AF FISH-EYE 16mm F2.8

カメラ本体(2台)、レンズ(8本)でした。うちミノルタの中古購入が7件、ソニーの新品が3件です。…アタリマエ デスガ…

本体とレンズ以外にも、マグニファイアとかアングルファインダとか、現像ソフトとか、カメラバッグとか…とにかくいろいろ買いました。(^^;ゞ
昨年の夏から、「写真とカメラ」に入れ込んだのですが、つぎ込んだ金額は昨年の3倍以上になっています。(^^;;;;  世の中には、もっとカメラやレンズにつぎ込んでいる方がたくさんいらっしゃいます(あの方とか、あの方とか…)が、自分的には結構な金額です。

まぁ、今年買ったレンズ、どれも良いレンズでした。いつも、どのレンズを持って出かけるか、迷います。その辺でOKと言うことで…。(^◇^;

今年の前半に撮った写真の中で、気に入っているものを再掲してみます。

-2-
Pict0141_raw2_135800
α-SD + SONY 135mm F2.8(T4.5) STF SS:1/500 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
2007年3月4日撮影。河津桜だと思います。STFを買って、そのボケ味に感動しました。

-3-
Pict01081600800
α-7D + MINOLTA AF100mm F2.8 Macro (I型) SS:1/30 F6.3 ISO200 ±0EV WBオート
2007年6月10日撮影。茨城県フラワーパークでの薔薇園にて。閉園間際にやっと雨が上がり、雫の中の世界に拘った1枚です。

-4-
Pict0091raw13545800
α-7D + SONY 135mm F2.8(T4.5) STF SS:1/250 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
2007年6月10日撮影。同じく茨城県フラワーパークにて。やっぱりSTFのやわらかいボケ味とシャキッとしたピント面の描写が好きです。

-5-
Pict0118raw8528800
α-7D + MINOLTA AF85mm F1.4G SS:1/1000 F2.8 ISO200 SilkyPix3.0
2007年6月30日撮影。花パーク・フィオーレ小淵沢にて。こちらはミノルタの85mmGレンズで、一足早い向日葵でした。

ブログの方も、1年を経て、昨年3月からの毎日更新も続いています。先日のブログ1周年の際にも書きましたが、見ていただいている方がいることが、とても励みになります。ありがとうございます。(_o_)

来年は、いよいよ本気のフルサイズ機、「α900(仮)」が出るのでしょうか。正直、自分の腕で、どうよ?…と、思うのですが、STFやら85Gをフルサイズ(焦点距離どおりの画角)で使ってみたいというのもあります。

レンズも、既に発表された「70-300mm F4.5-5.6G SSM」もちょっと興味あり。プラナーやゾナーも、買いそびれている35mm F1.4G、500mmREFLEX…。物欲が止まりません。(^^;ゞ

そして、何より、いい写真が撮れるように、日々精進したいですね。

来年も、宜しくお願いします。では、良いお年を。(^^)/

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 日帰り箱根旅行(14) 大涌谷~帰路編 | トップページ | 賀正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日帰り箱根旅行(14) 大涌谷~帰路編 | トップページ | 賀正 »