2007年7月15日 (日)

SO903iTV、不具合のその後

世間では、3連休ですが、土曜日は、当然仕事でした。そして今日の日曜日もセミナーに参加するため、半仕事モード…の予定だったのですが、何と台風4号のため、セミナーが延期になりました。(^o^)  でも、台風だから、どこも行けないっす…(´;ω;`)ブワッ

さて、NTT Docomoの携帯電話、SO903iTVですが、先日Docomoから手紙が届きました。

Docomo9030001  Docomo9030002_1
とりあえず、バックアップを取っといて…って、ことです。

Pict0186raw5071800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F7.1 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
同封されていた、MicroSDとQUOカード。これを約27,000セット送ったんですかね。

で、その後、某巨大掲示板でソフトの更新(アップデート)があると聞き、早速更新しました(いつ不具合が発生するか不安だったので)。再販の予定も決まったみたいで、未曾有と思われた不具合も解消したのでしょうか…?!

何でも、今回の不具合は、マルチタスク上でのバグらしいです。結局、ボクの個体では不具合は発生しませんでした。何か、貰い得?(^^;  でも、MicroSDは2Gを買っちゃったし、あまり使い道がないです。(もちろんバックアップに使いましたけど)

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

SO903iTVの不具合

テレビでも大々的に報道されていたので、周知のこととは思いますが、NTT DoCoMoの携帯端末「SO903iTV」に不具合が発覚です。

ドコモの公式ページ

自分の個体には、不具合は出ていませんが、どうなんでしょう。
27,000台中95台に出た不具合…0.35%の確率です(今のところ…)。

昔、SO503iという機種で、画面にキーの痕が付くということでリコールがかかりました。あの時のことが頭を過(よ)ぎります。あの時は何か金券を貰ったっけ…(^^;

とりあえず、マイクロSDに電話帳とメールのバックアップを取りました。まだ使いこなしていないので、たいしたデータはないですし、「リコール、ドンと来い」です。(^^;;;

Pict0194raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ

写真は購入当初に撮ったものです。

| | コメント (2)

2007年6月27日 (水)

続・SO903iTV

昨日の続きです。今回は、50マクロで、「被写体」としても捉えてみました。

Pict0193raw50451600
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
携帯離れ(?)したSO903iですが、文字盤を見れば、携帯以外の何者でもないです。黒いボディに赤い文字が映えます。(^^)

Pict0196raw5045
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0
NTT Docomoは、基本的に端末のメーカー名を入れさせません。「SO503i by SONY」という風に、付いていたこともありましたが…。今回は、キッチリ「Sony Ericson」という表示があります。これって、画期的?auだと、ロゴマークまで普通に付いているのですが…。ロゴの下の二つの穴はホルダーとの接合部分で、ここから電源を供給されます。

Pict0197raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
ちょっとピントが甘いのですが、光のラインがよかったので。「BRAVIA」は、シャープの「Aquos」に対抗(または同調)でしょうか? それとも、その方が一般受けが良いのか…  とにかく、指紋がべったり付きます。(^^;

Pict0200raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
カメラ側の写真です。レンズ部分が出っ張っています。この辺は賛否というか、好みが別れるところかもしれません。横撮りスタイルで撮影できますが、シャッターしか使えなくなるので、SO505iやSO902iに比べて使いにくいです。あと、2Mと1Mで撮影するとデジタルズームがつかえません。VGAサイズ(640×480)から下の画素数ならデジタルズームが有効になります。これは結構不便です。ま、デジタルズームって、荒くなるので、あまり使っていませんけど…。

Pict0206raw5071
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/60 F7.1 ISO200 SilkyPix3.0
レンズ周りをアップで。ちょっと…いや、かなり暗いです。(^^;ゞ

Pict0203raw5045800
α-7D + MINOLTA AF50mm F2.8 Macro SS:1/2 F4.5 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ
フォトライトをつけて 、スローシャッターで撮影しました。手持ちでよく撮れたと少し感心。さすが「本体手ブレ補正機能」です。>α7D
フォトライトの光量は結構ありますが、ストロボには遠く及びません。派手なゴーストと共に。

SO902iからの環境移行が、概ねできました。まだ、いろいろやらなければいけないこと(着うたやら、i-アプリの登録やら)がありますが、いよいよ本格使用開始です。(^^)

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0)

2007年6月26日 (火)

SO903iTV

6月22日発売のNTT Docomo最新機種、SO903iTV。買い増しをしてきました。(^^)

Pict0185raw5040800
α-7D + MINOLTA AF ZOOM 24-50mm F4 (I型) 50mm SS:1/60 F4 ISO400 SilkyPix3.0 リサイズ トリミング
「ブラビア携帯」。色は黒。赤・黒・白の3色だったら、間違いなく黒です。前回、SO902iの時は、そのスタイルから赤を選びましたが、黒の方がやっぱり自分らしいです。(^^;ゞ

Pict0187raw4540800
α-7D + MINOLTA AF ZOOM 24-50mm F4 (I型) 45mm SS:1/60 F4 ISO400 SilkyPix3.0 リサイズ トリミング
この機種の最大の売りは「ワンセグ」です。回転2軸方式で、2つ折から、液晶画面を上にして畳むとこんな感じ。角度がついていて、見やすい位置で自立します。電話には見えないですね。画像は「News23」でフル画面で見れました。

Pict0190raw4063800
α-7D + MINOLTA AF ZOOM 24-50mm F4 (I型) 40mm SS:1/60 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ トリミング
専用ホルダー(630円)をつけると、もうミニチュア液晶テレビです。この台で充電もできます。画像は「嵐の宿題くん」。4:3画面でした。

Pict0191raw2863800
α-7D + MINOLTA AF ZOOM 24-50mm F4 (I型) 28mm SS:1/60 F6.3 ISO200 SilkyPix3.0 リサイズ トリミング
こうすると、普通の折り畳み携帯です。液晶画面は3インチ。アスペクト比は16:9です。

購入に当たって、心配だったのは、鏡面仕上げで指紋が目立つこととワンセグの感度でした。前者は予想通り、かなり指紋が目立ちます。別に鏡面仕上げにしなくてもいいのに…。後者は予想以上に良いです。自宅では全チャンネル綺麗に入ります。以前、PCに繋ぐワンセグチューナ「ちょいテレ」を購入しましたが、アレは感度が悪かったです。

まだ、諸設定をしていないので、暫くはSO902iをメインで使い、ボチボチと環境を整えようと思っています。FOMAカードの差し替えが面倒ですが、逆に、それだけで両方とも使えると考えれば、便利ですね。

ところで、世の中「904」が発売されているのにこの機種は「903」です。最新機種なのに型落ち…という、かわいそうな携帯です。発表から発売まで、随分時間がかかりました。自分的には、納得のいく機種なので、気にしないです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2)

2007年5月17日 (木)

携帯遍歴

今、使っている携帯電話は、Docomo FOMA SO902iという機種です。

Q_02 色は「RED×RED」。某所では「鮪」と呼ばれた、赤です。それまで、明るい原色は避けていたのですが、カメラ側のデザインがモビルスーツのモノアイのようで、だったら赤にしようと思ったのでした。

ラピュタに出てくるロボット兵とも言われますが、小さいボディに必要な機能が凝縮されていて、なかなか気に入っています。アラームが使いにくいところ、動作が「もっさり」しているところ以外は、満足しています。mp3を変換したデータで音楽も聴けますし。

一番最初の携帯電話は、もう10年も前。F201iという機種でした。

F201 正式な名前は、「Docomo デジタル・ムーバ F201i hyper」だったと思います。

シルバー単色しかなく、丸っこいフォルムが手になじみました。

この機種を選んだ一番の理由は、「スピーカーホン」がついていたこと。車で使うのに、ハンズフリーで重宝しました。
    F207i
液晶画面は数字と英字、カタカナで、漢字はありませんでした。

その後、機種変更をして、F207iという機種になりました。
右の小さい画像の機種です。色は「シャンパーニュ・ゴールド」だったと思います。これも、その色だけの単色販売でした。

207にもスピーカーホン機能が付いていました。

そして、時代は、カラー・ディスプレイ、i-modeとなります。

So503i01 三代目の機種は、SO503i。初めての折り畳み機種。綺麗な液晶画面(TFT液晶)に驚きました。「しゃもじ」などとも呼ばれましたが、「くるくるピッ」のジョグダイヤルはとても使いやすかったです。

キーが液晶画面に触れ、痕が付いてしまい、リコールになりました。

これ以前の機種では、機種変更をすると、前の固体はDocomoに回収されてしまいましたが、これは、手元に戻ってきたので、今でも持っています。

塗装も少し剥げ、通信もできませんが、何か愛着があります。

そして、四代目はSO505i。これは、ちょっとインパクトがありました。折り畳み全盛期に、「180゜回転スタイル」と銘打って登場した、505iはスライド式でした。そして本格的なカメラ機能も付きました。もう、ある種の感動モノでした。

So505i01230 So505i02230
携帯でカメラ機能を一番使ったのは、この機種でした。今でもDNS(デュアル・ネットワーク・システム)でSO505iは現役です。
Sh901ic01
それからFOMAに移行で、五代目であるSH901iCになりました。折り畳みですが、回転二軸方式で、ビュア・モードはSO505iライクに使えました。ただ、辞書がダメで使いづらかったです。SOがなかったので、仕方なく使っていました。

機能的には、これもテンコ盛りで、今は娘が時々使って(遊んで)います。

でかい、重いですが、ホント、辞書機能さえもう少し使えれば…と思うと残念な機種です。お財布携帯もこの機種から使い始めました。FOMAカードを挿せば、また使えるというのは、良いことですね。(^^)

さて、この時期になんで携帯電話かと言えば、そろそろ出そうなのですよ。SOの新型が。
巷ではDocomoは「904シリーズ」のリリースが間近なのですが、SOは903…。最新機種で型遅れです。(´;ω;`)  でも、今度出るワンセグ機「SO903iTV」は随分待たされたので、今回も行ってしまうと思います。ちょっと角ばり過ぎですし、ジョグも欲しいところですが、それは無理か…。

たかが携帯ですが、身近なメカとして、ボクは好きですよ。(^^)v

| | コメント (0)

2007年4月29日 (日)

待ち受けチューリップとポピー

チューリップとポピーで携帯電話用の待ち受け画像(待受・待画)を作ってみました。
全てQVGA (320×240) です。横のQRコードを携帯で読み取って、アクセスしてください。

Tulip01vs   T01
α-7D+Vario-Sonnar 「tulip01.jpg」

Tulip02stf   T02
α-7D+STF 「tulip02.jpg」

Tulip03stf    T03
α-7D+STF 「tulip03.jpg」

Poppy01stf   P01
α-7D+STF 「poppy01.jpg」

Poppy02stf   P02
α-7D+STF 「poppy02.jpg」

Poppy03sg   P03
α-SD+SIGMA18-200 「poppy03.jpg」

お粗末でした。(_o_)

本記事は「公開日時を指定」して投稿しました。

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

待ち受け桜

自分用に作った携帯電話用待ち受け画像です。
使いたい方がいれば…使ってください。(^^)

Sakura001    Sakura002

Sakura001_1                                         Sakura002_1
sakura001(TAMRON 200-400 )
                    sakura002(SONY Vario-Sonnar)

Sakura003    Sakura004

Sakura003_1                                        Sakura004_1
sakura003(SONY Vario-Sonnar)                  sakura004(MINOLTA 24-50)

Sakura005    Sakura006

Sakura005_1                                        Sakura006_1
sakura005(MINOLTA 24-50)                        sakura006(SONY Vario-Sonnar)

Sakura007    Sakura008

Sakura007_1                                        Sakura008_1
sakura007(SONY 135STF)                          sakura008(MINOLTA 50Macro)

画像は全て 240×320 のQVGAサイズです。(サムネイルは横220)

携帯で使うには、画像下の写真名にリンクを貼っておきますので、それをメールに貼って携帯に送り、そこからダウンロードするのが一番手っ取り早いかと。バーコードを貼っておきましたので、携帯で読み込んで、アクセスしてください。(^^;ゞ

おまけに…
20072so    Sakura005_so
20072so(MINOLTA 85G)                             sakura005_so                  

DocomoのSO902iとSO702iに対応したテンプレート付きです。需要ないかな。(^^;ゞ

しかし…FireFoxが調子悪いのか…この原稿を書いている途中で4回も強制終了に遭ってしまった。(´;ω;`)  これ、5回目です。(^◇^;

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

100Macro | 135mm STF | 16-80mm Vario-Sonnar | 16mm Fish-eye | 18-200mm | 200-400mm | 200mm Macro | 24-50mm | 24mm | 28mm | 35-70mm | 500mm REFLEX | 50Macro | 50mm F1.4 | 50mm F1.7 | 75-300mm | 80-200mm | 85mm | [シ]さくら | [シ]公園 | [シ]夜景 | [シ]日帰り箱根旅行 | [地]お台場 | [地]フィオーレ小淵沢 | [地]フジテンリゾート・リリーパーク | [地]マザー牧場 | [地]上野動物園 | [地]亀戸天神 | [地]二子玉川 | [地]京王百草園 | [地]代官山 | [地]向島百花園 | [地]国営ひたち海浜公園 | [地]国営武蔵丘陵森林公園 | [地]多摩動物公園 | [地]多摩川台公園 | [地]富士急ハイランド | [地]座間ひまわり広場 | [地]日比谷公園 | [地]昇仙峡 | [地]昭和記念公園 | [地]東京タワー | [地]東京ディズニーランド | [地]東京都庭園美術館 | [地]水元公園 | [地]江戸東京博物館 | [地]浜離宮恩賜庭園 | [地]清澄庭園 | [地]牛久大仏 | [地]神代植物公園 | [地]羽根木公園 | [地]自然教育園 | [地]芝公園 | [地]茨城県フラワーパーク | [地]足利フラワーパーク | [地]都立小金井公園 | [地]野鳥の森フラワーガーデン | [地]鬼太郎茶屋 | GPS | α-7 Digital | α-Sweet Digital | α300 | α700 | ご近所 | アニメ・特撮 | ガンダム | ゲーム | コンデジ | パソコン・インターネット | ポートレート | ミニチュア | レンズ比較 | 写真・カメラ | 動物・昆虫・鳥 | 携帯電話 | 日記・コラム・つぶやき | 星・天体 | 流行モノ | 車・バイク・飛行機 | 音楽